読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊胸バッグの見分け方、彼女のおっぱいもしかして偽乳?

豊胸ワールドへご招待 偽乳・豊胸バッグの症状、破損、危険?現役美容外科医によるおっぱいコメント集 

プレーボーイPLAYBOYがヌード掲載取りやめに・・・

おっぱい考

アメリカの男性娯楽誌「プレイボーイPLAYBOY」が、来年3月で女性ヌードの掲載を取りやめる検討をしていることが分かりました。

平成27年10月12日付の米紙ニューヨーク・タイムズによると、 先月、現プレイボーイPLAYBOY編集長が、創業者のヒュー・へフナー氏にヌード掲載の中止を提案して合意を得たようです。

雑誌本体のグラビアは継続されるようですが、全ヌードの掲載はなくなるようです。 プレイボーイPLAYBOY誌は、1953年の創刊号のグラビアにはマリリン・モンローを起用し、爆発的な話題となりました。誌面のセンターフォールドに登場するヌードモデルは「プレイメイトplaymate」と呼ばれ人気を博しました。

f:id:pseudo-boobs:20151013175439p:plain

現在では、インターネット上にいつでもヌード写真が大量に掲載され、見られる時代となり、販売数も年々減少傾向に。75年には560万部だった部数が現在では80万部程度だそうです。  

同社のホームページは昨年8月、フェイスブックなどソーシャルメディアに投稿しやすいようヌード写真を掲載しなくなった結果、利用者の平均年齢が47歳から30歳を中心になり、月の利用者数も400万人から1600万人に4倍も急増したそうです。

 戦後世界の大衆文化に大きな影響を与えてきた今回のプレボーイPLAYBOY誌の判断は、大きな波紋を呼びそうです。 ネット上ではいつでも見られる時代になりましたが、やはり雑誌で質の良い1枚を見る喜びは格別?なものだ思うのですが、バブル期の男性にとっては、とても残念に思えます。
※日本での月刊プレイボーイPLAYBOYは、10年前ぐらいに廃刊になっています。